あがり症・書痙の治療について
本郷心療内科院長 植村秀治)

 大津の旧植村クリニックには、あがり症の治療のために、全国各地から3000人以上の患者さんに受診いただきました。朝礼や会議でのあがり症が心配な会社員の方々をはじめとして、学生さん、主婦、、教師、公務員、医療関係者、会社重役、大学教授、音楽家、劇団員等の様々な職種の方が、京阪神はもちろん、遠く関東や四国、九州、北海道からも通院いただきました。少なからぬ費用と時間をかけて遠方より受診頂きました患者さんには、ここで特に御礼を申し上げたいと思います。

 関東地方からの通院患者さんのために、平成16年からは東京の
本郷心療内科でも診療を開始し、これまでに1200人以上の患者さんにお越しいただいております。本郷心療内科(東京)では、現在、植村院長の診察の予約を受け付中です。

 さて、本郷心療内科および旧植村クリニックでは、あがり症、社会不安障害、書痙に関して良好な治療成果を上げておりますが、これまでの豊富な経験を生かして、これらの症状で悩まれている方々のために、特別コーナーを用意
いたしました。

本コーナーの内容は右に示されてますが、基本編では、治療法の選択、治療例、メール集、薬物療法について説明し、次に職業別にあがり症を分類して説明してあります。これらのページがあがり症や書痙の克服を目指す方々のお役に立てれば幸いです。

【お詫び】
植村クリニックは平成24年8月で閉院いたしました。植村医師の診察をご希望の方は、東京の本郷心療内科を受診願います。現在、メールで予約を受け付けております(詳しくは本郷心療内科のHPをご覧ください)。
 




最終更新日 平成24年10月25日



【基本編】

対人恐怖症、あがり症、書痙の
治療選択
治療方法の選び方を
説明

あがり症、書痙の治療例集
当クリニックでの治療例の紹介

あがり症、書痙の患者様からのメール特集
当クリニッ
クに通院中の患者様の声を掲載


社会不安障害・あがり症の
薬物療法
当クリニックでの治療方針を明記

【職業別】

ビジネスマンのあがり症・書痙

主婦のあがり症

OLのあがり症・茶痙

学生さんのあがり症

音楽家や演奏家のあがり症・書痙

医療関係者のあがり症

管理職・経営者のあがり症

面接、就職活動でのあがり症



本郷心療内科HOME

旧植村クリニックHOME