対人恐怖症、あがり症、書痙、社会不安障害の治療法選択について(本郷心療内科・植村院長)

お断り:このページはH13年に旧植村クリニック(大津)のHPに上梓されたもので、当時の医療状況を伝えるものです。
植村クリニックはH24に閉院しましたが、植村医師は
本郷心療内科(東京)で社会不安障害の治療を続けております。

 対人恐怖症や書痙で植村クリニックを受診される患者さんの多くが、長い間、様々な症状に悩まされてきたにもかかわらず、「どこで治療を受ければよいのかわからなかった」、「心療内科などで薬をもらったが良くならず、カウンセリングや森田療法を勧められた」、「心理療法も考えたが費用が高くてあきらめた」、「催眠療法、呼吸法、話し方教室等に大金をつぎこんだが治らなかった」など、多くの共通した経験をお持ちです。

 確かに対人恐怖症や書痙の治療は、困難であると考えている人(医師も含めて)は少なくありません。しかし、私のこれまでの経験では、心療内科の患者さんの中でも、薬物療法が劇的に効果を発揮するのが、このタイプの患者さんなのです(詳しくは治療例集メール特集をご覧ください)。また、当方のHP公開により難治性の患者さんが増えて治療成績が低下することも予想しておりましたが、そのようなことは全くなく、軽症にもかかわらず多くの患者さんが全国各地で悩んでおられることを知りました。そこで今回、今後、わざわざ遠方からお越し頂く方の便宜も考慮して、対人恐怖症、上がり症、書痙の治療法選択に関する解説を試みました。このページが皆様の治療法の選択に役立てば幸いです。

            
 

: 対人恐怖症やあがり症、書痙(以下、対人恐怖症等と記します)の治療について調べると、一般の薬物療法以外に、漢方薬治療、カウンセリングを含む各種精神療法、催眠療法、自律訓練法、その他の心理療法、などがあります。どのように考えて治療を選べばよいのでしょうか? (注:以下の説明はうつ病など他の病気の方には、必ずしも、あるいは、全く当てはまりませんのでご注意ください)

治療法の選択基準は、有効性が高く、費用が安く、時間がかからず、安全性が高いことだと思います。

 以上の中で、患者さんがもっとも重視されるのはその療法の有効性でしょうが、各種療法の宣伝HPをみてみれば、それぞれが各自の療法の優秀性を唱えており、果たしてどれが自分に一番適しているのか、一般の方にはその判断は簡単ではないと思います。民間療法に大金をつぎ込んだ末に当クリニックを受診され、安定剤で完治する方はめずらしくはありません。しかしながら、民間療法(ここでは病院や医院以外での治療の総称です)のHPをのぞいてみると、逆に安定剤が無効であるばかりか副作用で苦しみ、その上医者の態度も傲慢で、民間療法でようやく救われた患者さんの話が多数掲載されています。私自身は心療内科・神経科領域の患者さんに最も有効性が期待できるのは、安定剤等による薬物療法であると考えて実践し、効果を上げております(患者様からのメール特集もご覧ください)。しかしながら残念なことに、客観的データに基づく正確な評価はできませんので、ここでは他の療法との有効性の比較は行わず、その他の選択基準により治療法の選択順位について客観的に考察したいと思います。

[費用]
 まず、費用について比較すると、これはFAQにも記しましたが、健康保険でカバーされる医療機関での薬物療法が一番安く、1回2000-4000円程度で済むはずです。(当クリニックなら、最初の1ヶ月は2-3回、以後は月1-2回の通院が普通です)

 カウンセリングは医療機関以外の民間カウンセラーによる場合は、1時間あたり1万円程度が多いのではないかと思います。毎週か2週毎の通所が一般的でしょうか。

 医療機関でもカウンセリングを行っているところがありますが、この場合は健康保険の効かない自由診療のことが多く、価格設定も民間カウンセラーと大差ないと思います。医者あるいは専属のカウンセラーがじっくりカウンセリングしてくれて、しかも保険が使える病医院があれば理想的ですが、そう簡単にはみつからないだろうと思います。可能性のあるところは、大学病院、国公立病院、精神保健センター、あるいは開業仕立てでまだ患者さんの少ないクリニックあたりと思います。

 公立の相談機関や社内あるいは学内のカウンセリングを利用できる場合は、これが最も安上がりで、しかもカウンセラーも大体信頼できることが多いので、医療機関を受診される前に是非利用されたら良いと思います。

 催眠療法やその他の心理療法については、カウンセリングと同程度か、それ以上の価格設定が多いのではないかと思います。セット価格で3ヶ月間20万円とか、2日で10万円などというのもあるようです。最初のうちは、1回ごとの支払いの方が安心と思います。催眠療法や森田療法を行う病医院も少数ありますが、通常、自由診療で保険は使えないことが多いと思います。

 漢方薬については漢方薬局で購入する場合、薬の種類にもよりますが1ヶ月に1万円程度かかるのは珍しくないと思います。医者から処方される漢方薬は保険が効きますから、病医院で処方してもらうのも一法でしょう。処方箋を扱う漢方薬局で、漢方薬を処方してくれる医師を教えてくれることもあるようです。

【即効性】
 治療効果が得られても、時間がかかっていたのでは費用もかさみますし、仕事や家庭、学校にも影響が出てしまいます。効果がすぐ得られれば仕事や学校も休まなくてすみます。最も即効性のあるのは、安定剤による薬物療法で、これは間違いありません(患者様からのメール特集をご参照ください服薬当日から気持ちが落ち着き、自信を取り戻して通院が1回で済む方も珍しくありません。また、もしも不運にして安定剤の効果が得られない場合(そのようなことは滅多にありませんが)でも、数回以内の通院で結論を出すことができます。これは治療費を無駄にしないという点で、とても大切なことです。

 カウンセリング、催眠療法その他の心理療法、漢方薬による治療では1回の治療で十分な効果が得られることはあまりないでしょう。森田療法のようにまとめて休日をとらないと受けられないものもあります。さらに問題なのは、全く効果が得られなくてもその結論が出るまでに何ヶ月もかかったり、その間に少なからぬ費用を要することもあります。時には治療期間中に治療費が続かなくなり、中断してしまうことも考えられるでしょう。いずれにしろ、予算をしっかりと立てて選択すべき治療法であることは間違いありません。

【安全性】
 薬物を使用しない療法を実施している人々は、精神安定剤等の副作用を実際以上に強調します。一日中頭がボーとして早く呆けてしまうとか、癖になって止められない、依存症になって中毒になるなど、常套文句です。確かに、「よその心療内科で薬をもらったが眠くてのめなかった」などと訴える方はおられますので、必要量以上の処方をする医者はいるかもしれません。ただし、当クリニックでは、薬の量は少な目で、各人ごとに調整しますので、そのようなことは、めったにありません。それから、FAQにも書きましたが、状態が良くなると薬の量は減らせます。当クリニックの特徴の一つは薬の減らし方の指導に重点をおいていることです。私はこれは非常に大切なことと考えております。

 時々安定剤を怖がる人がおられますが、安定剤(抗不安薬)は安全性の高い薬物であり、風邪薬、鎮痛解熱剤、抗生物質等の方がはるかに副作用的には怖い薬剤であると考えております。当クリニックで処方される安定剤の量なら、強いて比べれば、コップ一杯のビールよりも安全ではないかと思います。

 それから他の療法についても、安全性については配慮が必要と考えますが、これは専門外ですので記しません。

【その他】
 他の療法の人々は「対人恐怖症等は薬では治らない」と宣伝します。しかしながら、私は、対人恐怖症等は薬を上手に使い、また適切なアドバイスを併用することで、症状はほとんど消失し、薬もわずかな量で済ませられることが多いと考えております。実際、当クリニックでは、薬は持っていても、めったに飲まないという患者さんも多いのです。このような方は私は治ったも同然だと思います。対人恐怖症等の患者さんのHPなどを見ていると、精神科や心療内科で薬をもらってすごく良かった、という体験談が沢山あります。

【まとめ】
 結論として、まず、病医院で薬物療法を受けることをお勧めします。薬の効果は3-4回以内の受診でわかるはずです。医者でも最初から「安定剤ではなおらないから、他の治療法(カウンセリング、精神分析、森田療法、自律訓練法、催眠療法など)を受けなさい(・・・このような場合、併設のカウンセリングルームなどがあって、カウンセラー等に治療をまかせてしまう)」などという人もおります。このような医者は薬物療法に理解または経験のない人と考えられます。たしかに対人恐怖症等の薬物治療の不得手な医者もいるようなので、一カ所で諦めないで、2−3カ所以上試してもよいのではないかと思います。それで、うまくいかない場合は、もし見つかれば保険証の使えるカウンセリングや心理療法等を試してみたらよいと思います。保険の使えない治療については、以上の治療が無効の場合に考慮されたら良いと思いますが、一般的に費用も時間もかかりますから、 前もってよく調べることが大切と考えます。


: 薬物療法の利点は理解できましたが、植村クリニックは何か特別な薬でも使用するのでしょうか?それから、遠方ですので、同じ様な治療を紹介してくれる病医院を教えてください。

: 処方は抗不安薬を中心とする一般的なものです。症状によっては、SSRIと呼ばれる抗うつ剤や、βブロッカーと呼ばれる動悸や震えを抑える心臓の薬等も使用します。当クリニックが特別な薬を使うとか、独特の使用法をするということはありません。私のこれまでの臨床経験に基づき、各患者さんにあわせた、いわばさじ加減の投薬と、簡単なアドバイスを行うだけです。私は対人恐怖症等の治療に関して共同の研究をしたわけでも、他の先生から特別の指導を受けたわけでもありませんので、同じ様な治療方針の医師を紹介することはできません。私からの助言は、自分に合う薬を出してくれる医者に会えるまで何カ所か受診してみることと、その際に今まで無効だった薬の名前を告げることです。なお当クリニックへの遠方からの通院につきましてはFAQもご参照ください。

追記(平成18年4月): 最近、あがり症や対人恐怖症で病院を受診される患者さんに対し、社会不安障害という病名が使用されるようになりました。そこで今回社会不安障害の薬物療法というページを用意いたしましたので、そちらも是非、ご覧ください。