医療関係者のあがり症・社会不安障害

当クリニックにはあがり症や社会不安障害で御悩みの医療関係の方が多数通院されております。もっとも多いのは看護師さんで、申し送りや会議での発表が不安というタイプです。注射や点滴の時に緊張して手が震える、という悩みの方も珍しくありません。

医師の方にも少なからず通院頂いております。会議や学会発表で緊張される方、処置や手術の際に手が震えて困る、という方などがおられます。研修医でこの先働いていけるだろうか、と不安になって受診される方もおられます。

看護学生や医学生も多数通院されてます。発表や実習の時にあがってしまって困るという方が多いようです。

治療は、基本的には抗不安薬とβブロッカーの頓服です。上記の症状にはこれらの薬が奏効します。薬剤に関する知識の豊富な方が多いので、患者さんと話合いながらSSRIを試してみることもあります。一般的には、病院等の環境になれて自信がついてくると減薬可能な方がほとんどです。

治療のポイントは、抗不安薬を使いすぎないことです。他の心療内科で強い抗不安薬を投与され、フラフラになって診療をされてた先生を診察したことがあります。抗不安薬の使い方を誤ると医療ミスにつながりかねないので、慎重な判断が必要です。

東京の本郷心療内科でも植村院長の診察が受けられます。


あがり症・社会不安障害TOP