本郷三丁目・植村クリニックについて

本郷三丁目・植村クリニックは、東京文京区にある、あがり症、社交不安障害、書痙の治療が専門のユニークなクリニックです。 平成16年の開院以来、全国および海外から5000人以上の新患の方に受診いただいております。

人前での発表(プレゼン)や挨拶、面接などでの、緊張・不安、震え、動悸などに、βブロッカー(ベータ遮断薬)を主とした薬物療法を行い、好評を頂いております。

βブロッカーは頓服で速やかに効果が得られ、人前で話す場面だけでなく、演奏会での手の震え、看護師さんなどの注射や採血の際の手の震え、結婚式などの冠婚葬祭の記帳や契約書などの署名の際の手の震え(書痙)などにも非常に効果的です。

当クリニックでよく処方されるβブロッカーのインデラル(プロプラノロール)は、あがり症に対する有効性も高く、副作用も少なく、さらに妊娠、授乳中でも服用可能です。

当クリニックについての詳しい情報は、下記のサイトをご覧ください。

https://www.agarishou.site

(本郷三丁目・植村クリニックのHPは、上記に移転しました)