主婦のあがり症・社会不安障害

当クリニックにはあがり症や社会不安障害で御悩みの主婦の方が多数通院されております。

主婦の方のもっとも多い悩みは、お子さんの保護者会での発言や、地域の役員になられて会議等で緊張するというものです。母親同士のお食事会で緊張してしまい、手が震えて食事がとれないとか、顔がひきつって、にこやかにお話しができなくて困るという方もおられます。銀行や美容院、お店で名前を書く時に手が震えて困る、という訴えの方も珍しくありません。

治療は、基本的にはβブロッカーと少量の抗不安薬の頓服です。上記の症状にはこれらの薬が奏効します。普段から落ち込み気味で、人と会うのも億劫というような場合はSSRIが効果的なこともあります(現在、当クリニックではSSRIの処方は行っておりません)。


M E N U

HOME

社交不安障害(SAD)・あがり症の薬物療法

治 療 例 集

インデラルの服用方法と副作用について


音楽家や演奏家のあがり症

結婚式・披露宴でのあがり症

看護師、医師等の医療従事者のあがり症

ビジネスマンのあがり症

管理職・経営者のあがり症

主婦のあがり症

面接、就職活動でのあがり症

OLのあがり症

学生さんのあがり症