あがり症・書痙の患者様からのメール特集

私(植村)が以前、院長をしておりました、大津の植村クリニック(H24閉院)では、あがり症や書痙のために遠方から受診頂いた方には、その後の経過についてメールでご報告いただいておりました。このページでは、私に送られて参りましたメールの一部を、患者様方の御厚意により公開いたしております。これまで患者様方から寄せられたメールのほとんどが、あがり症、書痙の著明な改善を知らせておりますが、あがり症等でお悩みの皆様方の、ご参考にして頂ければ幸いです。

なお、個人情報等に関わる箇所については、プライバシー保護のため、本頁の趣旨に反さない範囲で修正または削除されている場合があります。最後に、メール公開にご協力いただいた患者様方には、あつく御礼申しあげます。

追記(H19.1月):下記のメールは、SSRI(デプロメール、パキシルなど)があがり症の治療に使用される以前の時期のものです。現在はSSRIの使用により、さらに治療効果が高まっておりますが、必ずしもSSRIに頼らなくとも、十分な治療効果が得られることも御理解頂けると思います。

本郷心療内科(東京)では、現在、植村院長の診察の予約を受け付中です。


スピーチ恐怖症(あがり症)および全身の振戦 (震え) 20代 女性 OL) 

(受診前のメール)
はじめまして。 こんにちわ。 私は21歳女性です。  ホームページを拝見させていただきました。 もしかしたら、私の症状も治るのでしょうか?  

小学生の頃は、皆の前で発表したりするのが得意でした。しかし、中学になりいつの頃からか緊張するようになりました。足や手はぶるぶる震えるし、呼吸はできなくなるし、首がぷるぷるしてしまいます。コップの水を人前で持つと水をこぼしてしまうし、会社では上司の話を大勢の中で座って聞いているだけなのに、震えてきて緊張してしまいます。写真を撮られると、必ず首が左右にぷるぷるしてしまいます。

最近朝礼を、20人程で座ってやるようになりましたが、
10分程の時間なのに緊張してしまいます。 来週からは、5分毎日1人ずつ何か話しをすることになり、どうすれば良いのかわかりません。飲み会の乾杯は、手と首が震えてしまい飲むことができません。人前に立つのが嫌で、階段から落ちて怪我をしたこともあります。近頃は普通に座ってパソコンと向き合って仕事をしているだけなのに不思議と緊張してくることがあります。手足や首、唇の震えや、呼吸ができなくなる状態は治るのでしょうか?

あまりにひどい状態で、この先、生きていけるのか不安です。頭痛、吐き気、めまいも出てきて、もうどうしてよいのかわかりません。こんなひどい状態でも治るのですか? 助かるのでしょうか?   突然のメール失礼いたしました。返信いただければ幸いです。

(1回受診後のメール、その1)
お世話様です。

本日、無事に朝礼のしゃべりが終わりました。少し緊張して、唇がピクピクしてしまいましたが、呼吸困難になることもなく、言葉に詰まることも無く、無事終了しました。先生には、本当に何とお礼を伝えれば良いのかわからないほど、とにかく感謝の気持ちでいっぱいです。今になってみると、何故今まで一歩が踏み出せなかったのか不思議な気がします。

X月に、また薬を頂きに来院させていただきますので、宜しくお願い致します。
本当にありがとうございました。

(1回受診後のメール、その2)
お世話様です。

昨日、飲み会がありました。以前お話したかと思いますが、乾杯の時等手が震えてしまい、乾杯したあと飲まずにその場に置いてました。それが、昨日薬を飲んで行ったら、ちゃんと乾杯で飲めたんです。更に、途中で一人一人自己紹介のようなものをやりましたが、まったく震えて緊張することなくできました。

とにかく嬉しくて嬉しくて嬉しくて、久々に、カラオケで熱唱してしまいました。(これまた、プルプル震えることなく大感激で、声が出なくなるまで、いっぱい歌ってしまいました。<歌はあまりうまくないので、まわりの人は多分迷惑だったと思われ、ちょっと反省してます・・・>)

先生本当にありがとうございました。
これからも、悩み苦しんでいる人たちを救ってあげてください。
ありがとうございました。


本読み恐怖症(あがり症) 10代 女性 短大生)

(受診前のメール)

私は19歳です。高校生の頃から人前で発表したり、本読みをあてられたりすると、手がふるえ,声がふるえ、うまく声がでなくなります。高校での3年間は苦痛でした。発表がある授業などは、よくさぼっていました。

今年から短大に入学し、また、発表や本読みなど人前に出る機会があります。あてられると心臓がばくはつしそうなほどドキドキして、声がふるえ、自分がはずかしく、情け無くゆうつになります。だから毎日そのことばかり考えてしまいます。自分に大丈夫といいきかせても、よけいに緊張してしまいます。

はやくあがり症を治して、毎日の緊張から解放されたい。今まで何の治療もしていません。保険証を使いたくないのですが、どれくらいかかるでしょうか? 今週の土曜日に行こうと思っているのですが? よろしくお願いします。

(1回受診後のメール)
植村先生 様  こんにちは。私はX月XX日に病院に行ったXXXです。 

 2回、薬を授業前に服用しました。1回目は、当てられませんでした。今日は2回目で、順番に本読みをあてられましたが、少しの緊張はあったけど、心臓のドキドキもなく、震えもありませんでした。先生がおっしゃったように、読みを間違えないように、一字一字をしっかり見て、ゆっくり本を読みました。最後まで声がふるえることなく、きちんと読むことができました。自分でもびっくりでした。

今日は、1日とても落ち着き、気持ちがとても楽になりました。薬を飲んでも気持ちが落ち着くだけで、倦怠感や眠気などは、ありませんでした。 本当にどうもありがとうございました。 これからもよろしく、お願いします。                                                        


書痙および 発表恐怖症(あがり症) 50代 男性 会社重役)

(受診前のメール)
先生のHPを拝見し、大変な驚きと信じがたい気持ちでいっぱいです。私は今まで「書痙」は自分のもって生まれた 遺伝的な性格であって、治療可能な病気であるなどと思ったことはありませんでした。HPの治療例などすべて夢中になって読ませていただきました。治療もしていな いのに、何か目の前がパッと明るくなった気がします。今までの、本当に死にたくなるような悩みが解消されるのだろうか?今までやれなかったことに、どんどん挑戦できるの だろうか?本当ならこんな夢のようなことはありません。
  
私が小学1年の時、こんな事がありました。学芸会の開会式で、私が「はじめの言葉」をやることになったのです。しかしながら、壇上に上がった私は、一言も話すことができず、ただ立っているばかりでした。しーんとしていた会場がざわざわし始め、私は壇上から抱きかかえられるようにしておろされました。幼い私はそのときは、緊張するとかいうのとは遠いところにいたように思います。ただ、この幼児体験は忘れられない出来事です。  

ふるえを初めて意識したのは、小学3年生の頃だったと思います。私は字が上手なほうで、書き初めなどもよく入賞していました。そんなある日、みんなの前でお手本を書くことになったのです。スムースに書き出しましたが、途中から なぜか細かなふるえが起きました。問題なく書き終えたのですが、それが最初の経験で した。

それからずっと意識することなく、学生時代を過ごしましたが、卒業後、友人の結婚式で記帳するのに字がふるえ、それ以来ひどくなっています(それまでも結婚式があったが、ふるえはなかった)。   私の今の症状は、治療例にあります50代男性とまるっきり同じで、記帳時の手のふるえが深刻です。また人前で話すときの緊張もひどく、大変な思いをしています。 来年からは取締役に就任し、人前で話すことも多くなりますし、部下や同僚の結婚式、葬儀の席などの機会も増えます。何とか治せればと思って います。    

私の幼児体験から長々お話しさせてもらいました。今までこんな話は誰にもしたこ とはありません。妻にも話せないでいます。どうか私に合った治療をしていただき少 しでも治癒できればと願っています。
 
(1回受診後のメール)
今日、銀行の方とお会いし、融資の契約書に面前署名することになりました。1時間前位に、いただいた薬を服用しました。字を書く段になると緊張はしましたが、先生に言われたとおり「ゆっくり、大きく」書き出したら、不思議と少しの震えもなくしっかりした字が書けました。今までは必ず緊張して、字がどうしようもないくらい震えてしまったのですが、今日は住所や名前を書きながら、相手の方と話ができるほど余裕がありました。早く書き終えてしまおうとか、心臓の動悸が早くなるということがちっともありませんでした。こんなこと久しぶり(ここ20数年来)なので、うれしくて仕方ありません。
 
先生にご相談してお薬を頂き一週間が経ちました。朝礼や役員会でも、薬を服用してみました。朝礼はもちろん役員会でも、積極的に自分の意見を展開することができました。自分の話していることを、自分の耳で冷静に聞けるようになったのは、すごいことです。
とにかくこの1週間で、自分でも不思議なくらい積極的になれています。昨日は会長から社外研修会の参加を勧められました。今までなら、いろいろ理由を付けて断ることが多かったのですが、対人関係で自信が持てるというのは、こんなにすごいことなんですね。妻には、「そんなにいろんな事に手を出して大丈夫なの?」と逆の心配をされています。
 
先生に一刻も早くお知らせしたいと思い、メールにしたためてみました。本当に一生治らないものとあきらめていたので、こんなにうれしいことはありません。本当に先生にお会いできたこと、私にとっては命の恩人と同じ、いやそれ以上です。本当にありがとうございました。結婚式等、最高に緊張する場面が乗り越えられればもう怖いものなしです。こうなると不思議なものであんなにいやだった署名、記帳を自分から設定してみて試してみたい気分にさえなっています。

薬を服用すると頭がすっきりし、冷静になれるので予想以上に速いペースで薬が無くなっています。来月には再度、クリニックを訪問させていただく予定でおりますので、よろしくお願いいたします。今晩はうれしくて興奮して、眠れそうにありません。ながながお読みいただきありがとうございました。また、状況等ご一報させていただきます。


面接恐怖症(あがり症) 20代 女性 大学生)

(受診前のメール)

私は現在就職活動中の学生です。あがり症ですごく悩んでます。

最近企業ガイダンスや会社訪問に行ったりしているのですが、席につき、人と対面すると、背中から首すじ、顔にかけて熱くなってきます。そして異常なほど汗が流れてきます。そのせいで説明を聞くどころではなくなり、その場を去りたいという気持ちで一杯になってしまいます。ガイダンスに行っても30分足らずで帰ってきてしまいます。このままでは面接も大変なことになるのが目に見えており、毎日悩んでいます。

また、美容院で髪を切ってもらっている時や、買い物中に店員さんに話しかけられた時にも、必ず同じことが起こります。今日たまたまパソコンであがり症のことを調べていたら、植村クリニックを見つけました。もう面接まであまり時間がありません。一度診療していただきたいのですが、どうすれば良いのでしょうか。

(1回受診後のメール)
先日あがり症のため受診させていただいたXXXXと申します。

いただいた薬を飲み、会社の入社試験に臨んだ結果、おかげさまで内定をもらうことができました。面接においても心配していた発汗もなく、言いたいことが言えたことが、好結果につながっと思います。もし先月植村クリニック様に診療していただいていなければ、まず面接で落とされていたと思います。

とりあえず、就職活動は終わりましたが、次の公務員試験に向けて頑張っていきたいです。また何かあった時はお伺いさせていただきたいと思っていますので、よろしくお願いします。本当にありがとうございました。


書痙 20代 女性 OL)

(受診前のメール)

27歳女性です。

字を書く、食事、茶を出す、などで緊張し、動悸がして手が震えます。飲酒で軽減するようです。緊張しなければ震えることはありません。

1年程前、地元の日赤病院精神科を受診しました。薬を処方されましたが、あまり効き目を感じず、それきりです。

よろしくお願いします。

(1回受診後のメール)
結果は良好です。

軽い不安はあるものの、食事、旅行とも緊張や震えはなく、薬が効いていることを実感しています。頂いた薬を1回1錠ずつ服用しましたが、特に副作用は感じず、ビールを飲んでも、いつも以上に饒舌になるなどの失態(?)もありませんでした。

薬が残り少なくなりましたら、再度受診したいと思っています。
ありがとうございました。


書痙 30代 女性 主婦)

(受診前のメール)
私は最近人前に出ると極度に緊張してしまい、手が震えて字が書けません受診をすれば治るでしょうか?

(1回受診後のメール)
先日はありがとうございました。

さっそく薬を翌日飲んでみて仕事の面接に行ったところ、無事採用になりました。書類も落ち着いて書く事ができました。少し自信がついたような気がします。不安な気持ちもずいぶんましです。 でも薬を飲むと、ねむたくなって、頭が少しボウーとなります。先生が言われたように半分に割って飲むようにしました。そしたら少しましです。

また薬がなくなったら先生のところへお伺いするかもしれませんので、その時はよろしくお願いいたします。        


発表恐怖症(あがり症)  (30代 男性 会社員)  

(受診前のメール)
はじめましてXXXと申します

最近、人前で話すことが多くなり、多い時には、500人以上の前で話をしなくてはいけません。
これまでも何回かその機会はありましたが、結局足が震え、全身の震えもおきてまったく話せず、ものの10秒くらいしか話せません。恥をかくばかりです。今回、また話をする機会ができて、まだ7日間ほどあるのですが、昨日から眠れませんし、もう動悸みたいなものがおきています。

わらをも掴む思いでメールいたしました。できれば明日にでも診てもらいたいと思うのですが、どうすればいいかわからずにいます。よろしくお願いいたします。以前パニック障害が起きたことがあります。6ヶ月間ほど薬を使っておりましたが、今は服用していません。

(1回受診後のメール)
今日、予定通り総会があり、話を行いました。すごいです!今までになかった経験でした。足が震えるわけでもなく、動悸もおきず、声も震えずに完璧にしゃべることができました。人数は600人ほどになったのですが、気持ちに余裕さえできて、考えていなかったことでもすいすいと、アドリブで出てきました。

話す前までは、やはり緊張していましたが、先生の言われるとおりに、しゃべりだすと今までとの違いに驚きながらも、落ち着いてしゃべることができました。

お薬は、先生から教えていただいたとおりに飲みました。本当に驚きました。こんなに効くとは思いませんでした。今日は本当に感謝感謝です。ありがとうございました。


 

 

あがり症・書痙コーナー

本郷心療内科HOME

TOP PAGE

治療選択

治療例集

社会不安障害の薬物療法