OLのあがり症・社会不安障害・茶痙

当クリニックにはあがり症や社会不安障害でお悩みのOLの方が多数通院されております。

多いのは朝礼や会議での発表が不安というタイプです。ドキドキして声や手が震えたり、声が出にくくなったり、頭の中が真っ白になったりします。研修でのロールプレイがあると苦手とか、皆でカラオケに行くのが嫌いという方も珍しくありません。

OLの方に独特の症状としては、お茶を出す時に手が震えて困る(茶痙という俗語がありますという方がかなりおられます。人前で字を書く時に緊張して手が震える方もおられます。パソコンの操作を見られると不安、という方もおられます。その他に、若い女性に多い症状として赤面恐怖が挙げられます。ちょっと注目された程度で顔が赤くなって困る、という方が時々おられます。

治療は、基本的には抗不安薬とβブロッカーの頓服です。上記の症状にはこれらの薬が奏効します。必要時のみの頓服で十分な方が多いです。慢性的に気分が落ち込んでいるような時は、SSRIを併用することもあります。赤面恐怖に関しては、SSRIを使用することが多くなります。

東京の本郷心療内科でも植村院長の診察が受けられます。


あがり症・社会不安障害TOP